看護師 仕事内容

仕事と家庭の両立 なぜ大変?

働く女性にとって仕事と家庭の両立はとても大変なことです。

 

特に看護師については一般の会社員と比較してそのハードルは高いと言えます。

 

現在医療の現場では医師だけでなく看護師不足が大変大きな問題となっています。

 

その上看護師の勤務には当然土日祝日は関係ありませんし、入院病棟のある病院に勤めている場合は夜勤もこなさなくてはなりません。

 

このような状況を背景とし、ただでさえハードな職業である看護師は心身ともに疲弊しているのです。

 

また、出産や育児を機会に一旦職場を離れてしまうとなかなか復職しにくいという問題もあります。

 

一つは、看護師は命を扱う仕事であり、一度現場感覚が抜けてしまった状態で復職後いきなり責任の重い仕事を任されたらどうしよう、という不安がある点。

本人と家族にいろいろな工夫が必要になる

もう一つは看護師の仕事をしながら育児や家事をこれまで通りこなせるのか不安だという点です。

 

このように、看護師を取り巻く環境は決して仕事と家庭の両立をさせ易いものとは言えません。

 

この二つを両立させるためには看護師本人と、その家族にいろいろな工夫が必要となるのです。

 

具体的には、家事の分担ルールをしっかり決めておくこと、精神的ストレスを溜め込まないよう意識的に夫婦間の会話を増やすことなどが大切です。

 

その他、育児については自宅、もしくは勤務する病院近くに24時間対応の保育施設を確保するといったことが重要になってきますし、復職する場合はあくまでも家庭との両立を大前提として、理解ある勤務地を探す必要があります。

 

看護師単発で働く求人サイト

同じ悩みを持っている人は多い

看護師の仕事をされている、その他の業種、仕事と家庭の両立に悩んでいる方はとても多いと思います。

 

保育園に子どもを預けて仕事をすることに不安や子どもに対してかわいそうって気持ちになることありますよね。

 

私がよく言われていたことが、「時間とお金のどっちを優先にするか」です。

 

時間を取った場合、子どもと触れ合える時間が増える。

 

お金を取った場合、子どもとの時間が少なくなる代わりに生活水準が平均的になるか、その上をいくかです。

 

私の場合は、生活の為に稼がないといけない状況だったので「お金」を取りました。

 

休みは日曜だけで、呼び出されることも度々ある状況です。

 

仕事を優先にする場合、周りの協力がないと厳しい状況になることがあると思います。

 

両親に子どものことをお願いしたり、近所の方や友達に協力をお願いする場合もあるでしょう。

 

たまに、職場に連れて行って仕事をこなす時もあります。

 

なんでも「一人」でする必要はないんです。

 

子育てには周りの協力が必ず必要だと思います。

 

託児所付きの病院で働くこともできます

 

旦那さんに協力してもらえるのが1番ですが、旦那さんも仕事の関係で残業が多かったり休みが不定期ということもあるでしょう。

 

けれども、夫婦2人の子どもなんですからお互い協力し合いながら子育てができたら理想ですよね。

 

手伝ってもらうことは、ちょっとしたことでもいいんです。

 

ゴミ捨てや食べた後の食器を洗うこと、洗濯の取りこみなど家事の分担をしっかりすることが大切です。

 

家庭の事や、子どものこと、だいたいの家庭は女性が「やらなくてはいけない」と思われているのが現状です。

 

そんなことないんですよ。

 

旦那さんや周りに協力してもらって仕事ができる環境を作るといいんですよ。

 

不安が解消される環境はすぐには築いていくのは大変ですが、仕事を始めてからの生活スタイルをみんなで作り上げて行きましょう。